《「気 (け) 這 (は) ひ」の意。「気配」の字を当てて現代では「けはい」という》

  1. 漠然と感じられる物事のようす。雰囲気。特に、音・声・においなどによって感じられる物事のようす。また、その音やにおいなど。

    1. 「秋の―の立つままに」〈紫式部日記

  1. 立ち居振る舞い・動作などから受ける印象。また、その人のようすから察せられる人柄や品位。

    1. 「人の―も、けざやかに気高く」〈・帚木〉

  1. 死んだり離ればなれになったりしても感じられる、その人の面影・名残。→気配 (けはい) 

    1. 「過ぎにし親の御―とまれる古里ながら」〈・帚木〉

《前項の「けわい」から》けしょう。おつくり。

「ことに女は―と言うて、我が顔に白粉 (うしろい) といふ物を塗り」〈虎清狂・鏡男〉

出典:青空文庫