1. 事業の基礎を作ること。

  1. 検校 (けんぎょう) 4」に同じ。

  1. 琵琶の異称。

南京 (ナンキン) の古称。三国時代の首都。

[名](スル)本業のほかに他の事業・仕事を兼ね行うこと。また、その事業・仕事。「会社勤めと塾の教師を兼業する」
  1. 物事を調べただすこと。また、その職。

  1. 社寺で、事務を監督する職。また、一寺の上位者で衆僧を監督する者。

  1. 荘園の役人の一。平安・鎌倉時代に置かれた。

  1. 室町時代以降、盲人に与えられた最高の官名。専用の頭巾・衣服・杖などの所持が許された。建業。

仏語。言語や文字で明らかに説いて示した教え。密教以外の仏教のこと。また、真言宗では釈迦の説いた教えをいい、天台密教では一乗に対して三乗の教えをいう。顕宗。⇔密教

出典:青空文庫