[名](スル)
  1. 物事を考えたり論じたりする場合の、よりどころとなる立場。観点。「教育的な見地に立つ」

  1. 土地を実際に見て調べること。

[名](スル)《「軒」は車の前が高い、「輊」は車の前が低い意》上がり下がり。高低。転じて、優劣・軽重・大小などの差があること。
  • 「個人的欲求と社会的欲求とが―するという考えは」〈有島・惜みなく愛は奪ふ〉

近世、年貢の徴収と農民支配を目的に、幕藩領主が行った土地の測量調査。検地帳に田畑の面積・等級・石高名請人などを記載し、領主支配の基礎とした。豊臣秀吉太閤検地以後、全国的規模で行われた。竿入れ。縄打ち。

[名](スル)
  1. 機器などを使って検査し、故障などを知ること。「ガス漏れを―する」「―器」

  1. (見知)実際に目で見て知ること。目で見て心に悟ること。

    1. 「端より尾に至るまで備さに之を―するを得るも」〈フェノロサ・美術真説〉

  1. 実地に調べること。

    1. 「洞院の御所にたてられたる文庫共を、出納知兼をもって―せらる」〈保元・下〉

  1. 敵の下級武士の首を検査すること。首実検。

    1. 「首七十三取って鋒 (きっさき) に貫いて…六波羅へ馳せ参る。…両六波羅は敷皮に坐して、是を―す」〈太平記・八〉

  1. 検尺 (けんじゃく) 

硯海 (けんかい) 」に同じ。

(梵)ghaṇṭāの音写。鐸・鈴・鐘などと訳す》仏教寺院で、時刻を知らせ、また集会の合図として打ち鳴らす器具。

賢くて知恵のあること。

「―の人は自ら謙虚して」〈中村訳・西国立志編

[名・形動ナリ]堅固で緻密なこと。また、そのさま。
  • 「火石は其質―にして其形方正なる者なり」〈西周明六雑誌四〉

出典:青空文庫