1. 小歌 (こうた) 3」に同じ。

  1. 三味線音楽の一種。端唄 (はうた) から変化した、三味線のつま弾きを伴奏とする短い歌曲。江戸末期に発生し、現代に及ぶ。江戸小唄。早間 (はやま) 小唄。

  1. 明治末期から昭和にかけて、主にレコードで用いられた流行歌謡の分類。俗曲・小唄2民謡などの調べを持つもののほか、新作も多く、内容は多様。

  1. 平安時代、公的な儀式歌謡の大歌に対して、民間で流行した歌謡。また、五節の舞の伴奏歌曲である男声の大歌に対して、その前の行事で女官がうたう小歌曲をいう。

  1. 室町時代、民間に行われた手拍子や一節切 (ひとよぎり) を伴奏とする短い歌謡。

  1. 江戸時代、地歌などの芸術的歌曲に対して、2の流れを引く、巷間で流行した短い歌謡の総称。

  1. 能・狂言の中で、室町時代の俗謡を取り入れた部分。

出典:青空文庫