《石碑のようにながく後世にのこる意》古くからの言い伝え。伝説。「口碑に残る悲話」

工事の費用。「工費がかさむ」「総工費」

等比数列で、ある項とその前の項との比。

「公」の称号をもつ人のきさき。

国または公共団体の費用。「公費でまかなう」「公費のむだづかい」⇔私費

人を訪問すること。

天体の明るさが一等級異なる場合の光度の比。一等星は二等星の約2.5118倍明るい。

光が広く行きわたること。また、君徳などが広く世の中に行きわたること。

「開明の辺陬に、一日も早く―せんことを論ぜられたり」〈岡部啓五郎・開化評林〉

《「后」は第一位のきさき、「妃」はその次位》天子・天皇の妻。きさき。

《「考」は亡父、「妣」は亡母の意》亡き父母。

皇后 (こうごう) 」に同じ。

崩御した皇太后。

他人を敬って、その人から受けた厚意・援助・庇護 (ひご) などをいう語。おかげ。「御高庇を賜る」

高評」に同じ。「御高批を仰ぐ」

  1. 高いことと低いこと。高低。

  1. 尊いことといやしいこと。貴賤。

出典:青空文庫