• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

こがとうあんの解説 - 小学館 大辞泉

[1788~1847]江戸後期の儒学者。肥前の人。精里の三男。名は煜。諸子百家に通じ、父とともに昌平坂学問所の教授を務めた。著「海防臆測」「劉子」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉