1. 律令制で、中央から派遣され、諸国の政務をつかさどった地方官。その役所を国衙 (こくが) といい、守 (かみ) ・介 (すけ) ・掾 (じょう) ・目 (さかん) の四等官のほか、その下に史生 (ししょう) などの職員がある。くにのつかさ。国宰。

  1. 特に、国司の長官をいう。

  1. 国家のために身命をなげうって尽くす人物。憂国の士。

  1. その国で特にすぐれた人物。

  1. 昔、中国で、公卿 (こうけい) 大夫 (たいふ) の子弟。

  1. 国子監」の略。

  1. 一国の歴史。

  1. 日本の歴史。日本史。

国家の命令により、代表として外国に派遣される者。

  1. 奈良時代の僧の職名。大宝令により、諸国に置かれ、僧尼の監督、経典の講義、国家の祈祷 (きとう) などに当たった。のちに講師 (こうじ) と改称。

  1. 天皇に仏法を説き伝える法師。

  1. 禅宗をはじめ律宗・浄土宗の高僧に、朝廷から贈られた称号。「夢窓国師」

日本の詩歌。特に和歌。

「互に又―国文の好 (すき) にかわった」〈胆大小心録

国家試験」の略。特に、医師国家試験・歯科医師国家試験・看護師国家試験など、医学に関連する分野で用いられる。

国家の所有する資産。国財。

ほくろ。

[名](スル)手加減をしないで厳しく使うこと。こき使うこと。「自らの肉体を酷使する」

出典:青空文庫