[副](スル)
  1. 人目につかないように物事をするさま。こっそり。「こそこそ(と)出ていく」「陰でこそこそするな」

  1. 物が軽くすれ合ったりして、かすかに音のするさま。かさこそ。

    1. 「手を―とすりて」〈宇治拾遺・一〇〉

  1. くすぐるさま。こちょこちょ。

    1. 「ちとこそぐりませう。―、―」〈虎寛狂・子盗人

出典:青空文庫