• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]かたい物が突き当たったり折れたりするときの音を表す語。また、そのさま。ぽっきり。
    1. 「(飴ノ)青や赤の縞になったのを―噛み折って」〈中勘助銀の匙

[接尾]数詞に付いて、物事がそれだけで終わって、あとが続かない意を表す。ちょうど…だけ。…かぎり。こきり。「一ぺん―」「一度―」