• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名・形動ナリ]それぞれに異なること。また、そのさま。まちまち。別々。副詞的にも用いる。
  • 「人はみな御宿世といふもの―なれば」〈・椎本〉
「梅の香のふりおける雪にまがひせば誰か―わきて折らまし」〈古今・冬〉

[副]

  1. 軽く物をたたいたとき、または軽い物が触れ合うときの音を表す語。「風で裏木戸がことこと(と)鳴る」

  1. あまり強くない火力で鍋の中の物が煮える音を表す語。「弱火でことこと(と)煮込む」