• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形ク]

  1. 何事もない。平穏無事だ。

    1. 「手抱 (たむだ) きて―・き御代と天地 (あめつち) 日月と共に万代 (よろづよ) に」〈・四二五四〉

  1. 変わったことがなく退屈だ。大した用事もない。

    1. 「公私 (おほやけわたくし) に―・しや何業してかは暮らすべき」〈・若菜上〉

  1. 面倒なことがない。容易である。

    1. 「わづらはしかりつる事は―・くて、やすかるべき事はいと心ぐるし」〈徒然・一八九〉

[形ク]この上ない。格別である。
  • 「さしもなき事の、―・くこの世にまさりたりと見ゆる事やありし」〈浜松・三〉

[名・形動]

  1. 何もすることがないこと。また、そのさま。

    1. 「常夏の花をだに見ば―にすぐす月日も短かかりなむ」〈後撰・夏〉

  1. 男女の間に特別のことが起こらないこと。また、そのさま。

    1. 「―にて過ぐしつる年ごろも悔しう」〈・須磨〉