銭百文。駕籠かき仲間の符丁。

「道は二里ある駕籠賃―、―は知らぬ」〈浄・博多小女郎

《ころりと死ぬ意から。コレラに「ころり」をかけてできた語》コレラのこと。

[補説]「虎狼痢」とも書く。

[副]

  1. 急に転がったり倒れたりするさま。「さいころがころりと転がる」

  1. あっけなく死んだり、負けたりするさま。「かぜをこじらせてころり(と)いってしまった」「殺し文句にころりと参る」

  1. 前とすっかり違う状態になるさま。ころっと。「ころりと忘れる」

出典:青空文庫