易の八卦 (はっけ) の一。緦で表す。陰の卦で、地にかたどり、柔順で物を成長させる徳を表す。方位では南西に配する。⇔乾 (けん) 

  1. 物事に飽きずに耐えうる力。気力。根気。「精も根もつきはてる」

  1. (梵)indriyaの訳。機関・能力の意》仏語。作用を起こす力。生命活動や感覚の原動力。感覚のもとになる眼・耳・鼻・舌・身を五根、それに思惟を起こさせる意を加えて六根という。

    1. ㋐方程式を成立させる未知数の値。

    2. ㋑ある数を何乗かした数に対するもとの数。「平方根」

  1. イオンになりやすい基 (き) 。硫酸根(SO4)など。

紫色を帯びた濃い青色。濃い藍色。

[名]魚をいう女房詞
[接尾]助数詞。魚の数を数えるのに用いる。「一喉の魚」
[名]客にもてなす酒・肴 (さかな) の膳部。
    1. 「預かり蔵人小板敷きを昇り、大杯を取って共に―を勧む」〈雲図抄〉

[接尾]助数詞。
  1. 酒席などで、杯を飲みほす回数を表す。また、杯をさす度数にもいう。「一献おあがりください」

  1. 客をもてなすとき、食物を出す度数を表すのに用いる。

    1. 「一―にうちあはび、二―にえび、三―にかいもちひにてやみぬ」〈徒然・二一六〉

  1. こころ。精神。

    1. 「詩は我―を動せども」〈鴎外訳・即興詩人

  1. 人の肉体に宿る精気。たましい。霊魂。特に陽のたましいをいう。→魄 (はく) 

    1. 「―は善所におもむけども、魄は、修羅道に残ってしばし苦しみを受くるなり」〈謡・朝長

《「荘子」逍遥遊から》中国古代の想像上の大魚。北方の大海にすみ、大きさは幾千里だかわからないという。

  1. コンディショニング」の略。「エアコン」

  1. コントロール」の略。「ラジコン」「リモコン」

  1. コンクリート」の略。「生 (なま) コン」

  1. コンプレックス」の略。「マザコン」

  1. コンピューター」の略。「ミニコン」「マイコン」「パソコン」

  1. コンテスト」の略。「写真コン」

  1. コンパ」の略。「合コン」

[代]《「これ」の音変化》「これ」に同じ。「此だけ」
[連体]《「この」の音変化》「この」に同じ。「此次 (つぎ) 」「此くらいの量」

[連体]

  1. 現在の。いまの。「今国会」「今世紀」「今シーズン」

  1. 本日の。きょうの。「今夜半」

[副]

  1. かたい物を打ったり、かたい物が触れ合ったりしたときの音を表す語。「こん、こんとくいを打つ」

  1. 強くせきをする声を表す語。「こんとせきをする」

  1. 狐の鳴き声を表す語。

    1. 「―ときつねがなきゃせぬか」〈清水かつら・𠮟られて〉

[接尾]名詞に付いて、語調を整えるのに用いる。
  • 「まづ売りませう。す―はじかみ―す―」〈狂言記・酢薑〉
[補説]昔、振り売りの商人が売る品物の名の下に添えて呼んだ語。

〈近〉⇒きん

〈金〉⇒きん

〈建〉⇒けん

〈献〉⇒けん

出典:gooニュース

出典:青空文庫