• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 平安中期以後、僧兵神人 (じにん) らが仏神の権威を誇示し、集団で朝廷・幕府に対して訴えや要求をすること。

  1. 江戸時代、農民が領主に対して年貢減免などを要求すること。

カヤツリグサ科の多年草。田やあぜなどの湿地に生える。高さ30~50センチ。葉は線形。茎の頂に1個の雄花の穂をつけ、その下方に数個の雌花の穂をつける。