1. ごいん(五音)

  1. 世阿弥謡 (うたい) を曲趣により五つに分類したもの。祝言・幽曲・恋慕・哀傷・闌曲 (らんぎょく) 。また、それを記した書。

(梵)skandhaの旧訳》「五蘊 (ごうん) 」に同じ。

古く日本に入った漢字音の一。もと、和音とよばれていたが、平安中期以後、呉音ともよばれるようになった。北方系の漢音に対して南方系であるといわれる。仏教関係の語などに多く用いられる。→漢音唐音

  1. 他人を敬って、その人から受ける恩をいう語。「ご恩をこうむる」

  1. 封建社会で、主君が臣下に対して与える恩恵。具体的には所領や種々の職 (しき) を給与される。→奉公 (ほうこう) 

言語の音声。音韻。

[副]寺院の釣り鐘などの音を表す語。また、そのような低く重々しい音が響くさま。