• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「御前様」をもじっていう語》夜遅くまで酒を飲んだり遊んだりして、午前零時を過ぎて帰宅すること。また、その人。

  1. 貴人の敬称。大名・高家や高位の人を敬っていう。代名詞としても用いられる。「御前様のお出まし」

    1. 「―、万事は下拙めにお任せ下さりませう」〈伎・名歌徳〉

  1. 貴人の妻の敬称。特に、大名・旗本などの妻を敬っていう。

    1. 「上つ方の―へ、一夜づつ御慰みにあげける」〈浮・一代女・一〉