1. 五つの方角。中央と東・西・南・北。

  1. 中国および周囲の異民族。「五方の民」

仏語。5種の代表的な宝。陀羅尼集経では、金・銀・真珠・珊瑚 (さんご) ・琥珀 (こはく) 。

正午を知らせる合図の大砲。東京では明治4年(1871)に始まり、昭和4年(1929)にサイレンに代わるまで用いられた。その音から「どん」と俗称された。

  1. あとからの知らせ。こうほう。「詳細は後報にて」

  1. 仏語。この世に善悪の業 (ごう) を作って、来世以後にその報いを受けること。

  1. 人からの通知をいう尊敬語。お知らせ。「御報参上(=お知らせがあり次第うかがいますの意)」

  1. 《「御」は先方を敬う》室町時代、身分の高い人に出す文書での返事。また、その手紙の脇付 (わきづけ) に用いる語。

    1. 「ナニガシ殿参ル、―」〈ロドリゲス日本大文典

  1. 言葉遣いの規則。文法。

  1. 言葉の使い方。表現法。

まちがった知らせ。報道されたことが事実と違っていること。「事件は誤報だった」

  1. (‐ハフ) 法律を尊重すること。「護法の精神を説く」

  1. (‐ホフ) 仏語。

    1. ㋐仏の教えを守ること。仏法を守護すること。

    2. ㋑妖怪・変化などを追い払う力。法力。

    3. ㋒「護法善神」の略。

    4. ㋓「護法天童」の略。

出典:青空文庫