1. 一夜を五つに分けた呼び方。甲夜(初更、午後7時から9時)、乙夜 (いつや) (二更、午後9時から11時)、丙夜(三更、午後11時から午前1時)、丁夜(四更、午前1時から3時)、戊夜 (ぼや) (五更、午前3時から5時)の称。

  1. 1の第5夜の戊夜のこと。寅 (とら) の刻。

夜の12時。真夜中。夜半。

「―の時計ほがらかに鳴りて」〈鴎外・文づかひ〉

六時の一。寅 (とら) の刻。夜半から夜明け前のころ。現在の午前4時ごろ。また、その時に行う勤行 (ごんぎょう) 。夜明け前の勤行。

「―など果てて、少しうちやすみたる寝耳に」〈・一二〇〉