マメ科の落葉高木。山野や河原に自生。幹や枝に小枝の変形したとげがある。葉は長楕円形の小葉からなる羽状複葉。夏に淡黄緑色の小花を穂状につけ、ややねじれた豆果を結ぶ。栽培され、豆果を石鹸 (せっけん) の代用に、若葉を食用に、とげ・さやは漢方薬にする。名は古名の西海子 (さいかいし) からという。 実=秋 花=夏》「夕風や―の実を吹き鳴らす/露月