はなやかに外に現れた才能。また、すぐれた才能。

「少年時代に、十分な―を輝したあの人が」〈菊池寛・無名作家の日記〉

[名](スル)女性が再婚すること。再縁。
[名](スル)首都から西の地方へ行くこと。東京方面から関西方面に行くこと。「列車で西下する」⇔東上

天災や事故によって受けるわざわい。思いがけない災難。災害。「災禍に遭う」

[名](スル)火をとること。特に、オリンピックの聖火の種火を、凹面鏡を使って日光からとること。

わずかな欠点。こまかいきず。細疵 (さいし) 。

いちばん下。また、最も劣っていること。さいげ。「最下に位置する」

[名](スル)
  1. 判断して許可すること。特に、君主が臣下の提出する議案を裁決し、許可すること。裁許。「申請を裁可する」「裁可を仰ぐ」

  1. 明治憲法下で、天皇が議会の議決した法律案・予算案を承認する行為。これによって確定的に成立した。勅裁

車や船に貨物を積むこと。また、その貨物。つみに。

つくり物の花。造花。

《「さいが」とも》和歌山市の地名。戦国時代、石山本願寺と結んだ雑賀衆が織田信長豊臣秀吉と戦った雑賀一揆の中心地。

出典:青空文庫