調べなおして正すこと。「再治本」

常楽寺の通称。
京都市南区にあった寺。平安京鎮護のため、遷都とともに建立された東西二寺の一。羅城門の右に建立、右大寺とも称した。天福元年(1233)再度の火災ののち荒廃。→東寺

祭りの行事。神事。

細かい字。小さい文字。

  1. ちょっとしたこと。つまらない事柄。小事。「細事にこだわらない」

  1. 詳しい事柄。「細事にわたる説明」

特別な催しごと。展示会・特売会など。「催事場」

《古くは「さいし」。「歳」は歳星すなわち木星、「次」は宿りの意。昔、中国で、木星が12年で天を1周すると考えられていたところから》としまわり。とし。

一年中の出来事。一年中の行事。

  1. 1年の、そのおりおり。四季おりおり。

  1. 年と時。年と季節。

[ト・タル][文][形動タリ]非常に小さいさま。
  • 「宮は―たる小市論ずるに足らねど」〈露伴・風流魔〉
[名](スル)動物がえさを探し、つかまえて食べること。

出典:青空文庫