[名]
  1. 枝・葉を取り払った竹や木の細長い棒。物干し竿釣り竿旗竿など。合成樹脂・金属製もある。

  1. 水底に突っぱって舟を進ませる長い棒。水棹 (みさお) 。「流れに―をさす」

  1. 竿秤 (さおばかり) の棒の部分。

  1. 測量や建築に使う間竿 (けんざお) 

  1. 三味線胡弓などの胴から上の、糸を張る長い柄の部分。また、三味線のこと。「―が入る」「太―」

  1. 箪笥 (たんす) 長持などを担ぐ棒。

  1. 石灯籠 (いしどうろう) などの柱の部分。

  1. 雁 (がん) が1列になって飛んでいる状態。「―になれ、鉤 (かぎ) になれ」

  1. 俗に陰茎のこと。

[接尾]助数詞。
  1. 旗を数えるのに用いる。「幟 (のぼり) 三―」

  1. 箪笥・長持などを数えるのに用いる。「箪笥三―」

  1. 羊羹 (ようかん) などの棹物菓子を数えるのに用いる。「練り羊羹一―」

  1. 竿に干した洗濯物を数えるのに用いる。「洗濯物二―」

  1. 江戸時代、金座で、竿金 (さおがね) を数えるのに用いる。

《「さ」は接頭語》あさ。麻糸。

「麻衣 (あさぎぬ) に青衿 (あをくび) 着けひた―を裳 (も) には織り着て」〈・一八〇七〉

海王星の第11衛星。2002年に発見された。名の由来はギリシャ神話の海のニンフ。海王星の赤道面に対して大きく傾いた軌道を公転している。非球形で平均直径は30~40キロ。

[名・形動]《「さあお(さ青)」の音変化。「さ」は接頭語》青。まっさお。
  • 「人魂 (ひとだま) の―なる君がただひとり逢へりし雨夜 (あまよ) のはひさし思ほゆ」〈・三八八九〉