• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形][文]さがな・し[ク]
  1. 口さがない」に同じ。「―・い世間の噂にのぼる」

  1. 性格が悪い。意地が悪い。

    1. 「すこし御心―・く御ものうらみなどせさせ給ふやうにぞ」〈大鏡・師輔〉

  1. やんちゃである。いたずらである。

    1. 「姫君は今よりいと―・く、をさをさうちにも物し給はず」〈とりかへばや・一〉