1. 土を掘り起こした所。また、その溝。うね。

  1. 流鏑馬 (やぶさめ) 笠懸 (かさがけ) などの騎射のとき、馬を走らせる道として馬場に掘る浅い溝。馬決 (うまざく) り。

しゃっくり」に同じ。〈和名抄

[副]

  1. たやすく物が切れるさま。また、鋭い刃物などを使って容易に物を切るさま。「メロンをさくりと切る」

  1. 粒の細かい砂や雪などを踏んだり掘ったりするときの音や、そのさまを表す語。「新雪の上をさくり、さくりと歩く」「砂糖をスプーンでさくりとすくう」

出典:青空文庫