• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[枕]《「ささがにの」の古形》「ささがにの」に同じ。
  • 「―蜘蛛の行ひ今宵著 (しる) しも」〈允恭紀・歌謡〉
[補説]この日本書紀の例は、「笹が根」で枕詞ではなく、笹の根もとにいる蜘蛛 (くも) とする説もある。