• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、疱瘡 (ほうそう) が治ったあとの子供に浴びさせた、酒をまぜた湯。また、その湯を浴びること。笹の葉を湯に浸してふりかけたともいう。さかゆ。

[動ヤ下二]《「ささ(支)う」が室町時代以降ヤ行に転じて用いられた語。終止形は「支ゆる」となる例が多い》「支える」に同じ。
  • 「―・ゆる奴原はりのけ蹴殺し」〈浄・先代萩