綿布を重ね合わせて一針抜きに細かく刺し縫いにすること。また、そのように縫ったもの。丈夫なので柔道着・剣道着などに用いる。

指貫 (さしぬき) の裾を短くして足首までとし、くくりを入れない袴 (はかま) 。近世以降、公家が指貫の代わりに用いた。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:青空文庫