《動詞「さっしゃる」の命令形「さっしゃれ」が「さっしゃい」「さっせえ」「さっし」と音変化したもの》動詞「さっせえ」に同じ。

「堀の内様を信心―」〈滑・浮世風呂・前〉

《助動詞「さっしゃる」の命令形「さっしゃれ」が「さっしゃい」「さっせえ」「さっし」と音変化したもの》助動詞「さっせえ」に同じ。

「能 (ええ) 加減にしさっしな」〈滑・浮世床・初〉

  1. 糸で綴 (と) じた本。また、書物一般をいう。「小冊子」

  1. 書物の装丁で、糊 (のり) または糸を用いて綴じたものの総称。巻子本 (かんすぼん) 以外の、粘葉 (でっちょう) 装大和 (やまと) 綴じなど。また、その装丁の本。綴じ本。冊子本。策子 (さっし) 。草紙。草子。

はけ。ブラシ。

察すること。おしはかること。「察しがいい」「察しがつく」

出典:青空文庫