[接](「扨は」「扠は」「偖は」とも書く)
  1. 列挙した物事に追加するのに用いる。さらにそのうえ。それ以外にも。「飲んだり食べたり、さてはタクシー代まで払わされた」

  1. 前の発言を受けて、ある判断を導く語。それでは。それなら。

    1. 「一人も持ち侍らずと答へしかば、―もののあはれは知り給はじ」〈徒然・一四二〉

[感]思い当たることがあったときに発する語。それでは。そうすると。「さては、はかられたか」
[副]そのような状態では。そのままでは。
    1. 「―過ぐし給ひてむや」〈・末摘花〉

出典:青空文庫