• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形ク]たび重なるさま。数が多い。
  • 「うらさぶる心―・しひさかたの天 (あめ) のしぐれの流れあふ見れば」〈・八二〉