[動ラ変]《副詞「さ」に動詞「あり」の付いた「さあり」の音変化》そうである。そのとおりである。そのようである。
  • 「おい、―・り、―・りとうなづきて」〈・玉鬘〉
[連語]《副助詞「し」に動詞「あり」の付いた「しあり」の音変化》まさに…がある。まさに…である。
  • 「大君の命 (みこと) に―◦れば父母を斎瓮 (いはひへ) と置きて参 (ま) ゐ出来にしを」〈・四三九三〉

出典:青空文庫