《中国漢代の蒋詡 (しょうく) が、幽居の庭に3筋の径 (こみち) をつくり、松・菊・竹を植えた故事から》庭につけた3本のこみち。また、隠者の庭園や住居。

景色のすぐれた土地を3か所選んでいう語。たとえば、宮城県の松島、広島県の厳島 (いつくしま) 、京都府の天橋立 (あまのはしだて) を日本三景という。

二つ以上の山脈が近接し、全体で一つの系統をなしているもの。ヒマラヤ山系など。

山中のこみち。

キジ科の鳥。キジよりやや小形。雄は青紫・白・赤色の羽をもち、雌は茶色。脚と顔は赤い。台湾の特産。

[名](スル)神社や寺にお参りすること。おまいり。「氏神様に参詣する」「参詣人」

むごたらしい刑罰。

数量をかぞえたり、はかったりすること。計算。勘定。

「歳額の―」〈逍遥小説神髄

出典:青空文庫