1. 律令制における太政大臣左大臣右大臣。のちに、左大臣・右大臣・内大臣の称。三槐。

  1. 中国の官名。最高の地位にあって天子を補佐する三人。内容は時代によって変わり、周代では太師太傅 (たいふ) 太保、前漢では大司徒大司馬大司空、または丞相太尉御史大夫、後漢・唐では太尉司徒司空、宋・元・明・清は周代に倣う。三槐。

  1. 太陽と月と星のこと。

  1. きらきらと光り輝く、りっぱな細工物。

  1. 三光鳥」の略。

  1. 《鳴き声を「つきひほし」と聞きなしたところから》飼いウグイスの鳴き声。また、そのように鳴くウグイス。

    1. 「あれは世間に重宝する―とやらいふ鳥であらう」〈続狂言記・鶯〉

太皇太后 (たいこうたいごう) 皇太后皇后のこと。三宮 (さんぐう) 。

三つのよい行い。子が親になすべき、孝養・葬礼・祭事。また、人が重んずべき三つの行い、すなわち、父母に孝行を尽くすこと、賢良な人を友とすること、師や目上に従順であること。

五更の第三。およそ現在の午後11時または午前零時からの2時間をいう。子 (ね) の刻。丙夜 (へいや) 。

中国古代の伝説的な三人の天子。伏羲 (ふっき) 神農 (しんのう) 黄帝燧人 (すいじん) ・伏羲・神農、伏羲・女媧・神農、天皇 (てんこう) 地皇人皇など諸説がある。→五帝

儒教で、君臣・父子・夫婦の踏み行うべき道。「三綱五常」

  1. 山に遊びに行くこと。山遊び。また、登山に行くこと。「連休の山行計画」

  1. 山の中を通って行くこと。山中の旅行。

[名](スル)高位の人の所へ出向くこと。参上。「宮中へ参向する」
[名](スル)何かをしようとするときに、他人の意見や他の事例・資料などを引き合わせてみて、自分の考えを決める手がかりにすること。また、そのための材料。「研究の上で参考になる」「内外の判例を参考する」
[名](スル)
  1. 貴人のもとに行って機嫌をうかがうこと。伺候。

    1. 「京都に出て、直ちに白河家に―し」〈藤村夜明け前

  1. 宮内省御歌所の職員。歌御会の事務を扱った。

いくつかのものを比べ合わせて考えること。また、校正すること。

乱反射して四方に散乱する光線。曇り空の光や磨 (す) りガラスを通った光などにみられ、一定方向の影を生じないので、無影灯に応用される。

[名](スル)穴をあけること。穴を打ち抜くこと。
  1. 第三高等学校」の略称。

  1. 俗に、高学歴・高収入・高身長である男性のこと。女性が結婚相手に望む条件をいったもので、1990年代初め頃からの流行語。

出典:青空文庫