1. 非常に少ない戸数。小国のたとえ。

    1. 「楚は―の小国なれども」〈太平記・三七〉

  1. 感覚をつかさどる三つの戸口、すなわち目・耳・口のこと。

    1. 「―ヲヒソムル」〈日葡

[名](スル)三たび声に出して言うこと。「万歳 (ばんざい) を三呼する」

中国、代の官職名。三公の下で天子を補佐した少師・少傅 (しょうふ) ・少保のこと。

金剛杵 (こんごうしょ) の一。金属製で杵 (きね) の形をし、両端が三つに分かれているもの。三鈷杵 (さんこしょ) 。

雅楽で、唐楽に用いられる3種の打楽器。羯鼓 (かっこ) 太鼓鉦鼓 (しょうこ) 

三国時代の中国で、蜀 (しょく) 劉備 (りゅうび) が、諸葛亮 (しょかつりょう) を軍師として招くために、その草庵を三度訪れたという、諸葛亮「前出師表」の故事から》人の上に立つ者が仕事を頼みたい人に特に礼を尽くして交渉すること。また、ある人を特別に信任・優遇すること。「三顧を尽くして迎える」

《漢の武帝が嵩山 (すうざん) で山を祭ったとき、臣下が万歳を叫んだところから》万歳を唱えて天子を賀すること。