仏語。身業口業 (くごう) 意業のこと。身・口・心による種々の行為。

寺内の管理・統制に当たる3種の役僧。上座寺主維那 (いな) などをいう。

寺院の名前の上に付ける称号。「比叡山(延暦寺)」「成田山(新勝寺)」などの類。もと、寺は多く山に建てられたため、その山の名でよばれたが、のちに平地の寺にも用いるようになった。

[名](スル)さんぎょう(鑽仰)

出典:青空文庫