1. 《3と5の積が15となるところから》

    1. ㋐15歳。

      「名はお駒とて少し跳ねたる―の少女 (おとめ) は」〈蘆花不如帰

    2. ㋑「三五夜 (さんごや) 」に同じ。「三五の夕べ」

    3. ㋒《揚げ代が15匁だったところから》囲ひ女郎の異称。

  1. 人や物が、あちこちに少しずつかたまっていること。三々五々。

    1. 「瓢箪に酔を飾る―の痴漢 (うつけもの) が」〈漱石虞美人草

  1. 《長さ3尺5寸を標準とするところから》楽琵琶 (がくびわ) の異称。

  1. 三皇五帝

  1. サンゴ科サンゴ属の腔腸動物の総称。また、その骨軸。個虫が集まって樹状の群体をつくる。個虫が死んで石灰質の硬い骨軸が残ったものを装飾用に利用。日本にはアカサンゴモモイロサンゴシロサンゴがあり、ベニサンゴは地中海に産し、古くから知られる。真正サンゴ。

  1. 広く、花虫綱の腔腸動物のうち、石灰質の硬い骨格をつくるものの総称。アカサンゴイシサンゴなど。コーラル。

出産したあと。「産後の肥立ち」

出典:青空文庫