1. 吉数とされる三を重ねた、めでたい数。

  1. 五目並べで、三目並んだ石が同時に2か所以上にできること。禁手とされる。

  1. 囲碁で、碁盤の縦・横の縁から数えてそれぞれ第3線の交点。

[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 身につけた玉などの鳴る音を表す語。

  1. きらきらと美しく輝くさま。

    1. 「水晶の数珠が暁の露のように―と輝いて居た」〈谷崎・二人の稚児〉

[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 髪の毛などがふさふさとして長いさま。

    1. 「幾ヶ月となく刈り込まない―たる髪の毛と共に」〈漱石明暗

  1. 細いものが長く垂れ下がるさま。

    1. 「―たる川底の藻は水に梳 (くしけず) られて」〈蘆花自然と人生

[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 涙をさめざめと流すさま。

    1. 「悲涙―として下る」〈織田訳・花柳春話

  1. 雨の降るさま。「潸潸と降る雨」

[ト・タル][文][形動タリ]太陽などが明るく光り輝くさま。彩りなどの鮮やかで美しいさま。「陽 (ひ) が―とふりそそぐ」