漢方で、六腑 (ろっぷ) の一。三つの熱源の意で、上焦は横隔膜より上部、中焦は上腹部、下焦はへそ以下にあり、体温を保つために絶えず熱を発生している器官とされる。みのわた。

仏語。前生・今生・後生の三つ。三世 (さんぜ) 。

仏語。

  1. 人の性の3種。善性、悪性、および善でも悪でもない中性の無記 (むき) 性。

  1. 一切の存在の本性や状態のあり方を、有無・仮実などを基準として3種に分けたもの。実体のない存在を実体と誤認する遍計所執性 (へんげしょしゅうしょう) 、一切の存在は縁によって起こったものとする依他起性 (えたきしょう) 、真実の体である真如の円成実性 (えんじょうじっしょう) 。

  1. 律令制で、太政官に置かれた八省のうち、式部省民部省兵部省の称。

  1. 中国、の官制で、中書省門下省尚書省の称。

  1. さんせい(三省)

[名](スル)三度となえること。「万歳を三唱する」
  1. 三つの章。三つ目の章。

  1. 《三箇条の法の意から》簡明な規則。→法三章

仏語。

  1. 修行とその前段階の善根を妨げる三つのさわり。煩悩障(貪欲・瞋恚 (しんい) ・愚痴の惑い)・業障 (ごっしょう) (五逆十悪の業)・報障(地獄・餓鬼・畜生の苦報)。

  1. 煩悩をからだの部位にたとえたもの。皮煩悩障(現象的な事物にとらわれる惑い)・肉煩悩障(誤った見解にとらわれる惑い)・心煩悩障(事象や道理を理解できないための惑い)。

大相撲で、殊勲賞・敢闘賞・技能賞の三つの賞。その場所を勝ち越した関脇以下の幕内力士で、それぞれの賞の内容にふさわしい活躍をした者に授与される。

ミカン科の落葉低木。山地に自生。葉の付け根に一対ずつとげがある。葉は長卵形の小葉からなる羽状複葉。雌雄異株で、春、黄緑色の小花を密生する。実は赤く熟し、黒色の種が現れる。若芽を「木の芽」といい食用に、実を香辛料に、果皮を漢方で健胃薬・回虫駆除薬にし、材ですりこぎを作る。はじかみ。 芽=春 花=夏 実=秋》「摺鉢 (すりばち) は膝でおさへて―の芽/時彦」

[名](スル)照らし合わせて、参考にすること。参看。「付図を参照する」
[名](スル)ほめたたえること。
  • 「決断が速いのは、清麿君も常に―している」〈蘆花思出の記
[名](スル)歌に作り、また、言葉をつくして、ほめたたえること。

出典:青空文庫