1. 3種の色。さんしき。

  1. 三原色」に同じ。

3回の食事。特に、朝・昼・晩の三度の食事。「三食付きのツアー」

  1. 明治政府最初の官制で、総裁議定 (ぎじょう) 参与の称。

  1. 明治4年(1871)から同18年まで、太政大臣・左右大臣参議の称。

山の色。また、山の景色。

[名](スル)蚕が桑の葉を食うように、他の領域を片端からだんだんと侵していくこと。「領土を蚕食する」「市場を蚕食する」

出典:青空文庫