《「さんじん」とも》仏語。浄土に生まれるために必要な3種の心。観無量寿経に説く、至誠心 (しじょうしん) ・深心 (じんしん) ・回向発願心 (えこうほつがんしん) 。無量寿経に説く、至心・信楽 (しんぎょう) ・欲生 (よくしょう) 。

《「さんじん」とも》仏語。大乗仏教で説かれる3種の仏身。法身 (ほっしん) 応身 (おうじん) 報身 (ほうじん) 。三仏身。

日・月・星(北斗星)。三光。

  1. 真宗で、阿弥陀仏第十八願で誓われている、至心・信楽 (しんぎょう) ・欲生 (よくしょう) の三つのこと。真実の信心を三方面から述べたもの。

  1. 念仏者の、純朴で変わらない淳心、疑いのない一心、他に心を移さない相続心の三つ。

[名](スル)
  1. 野球で、打者ストライクを三つとられてアウトになること。「見逃しの三振」「4番打者を三振させる」

  1. 同じことを3回続けて失敗すること。俗に、司法試験新司法試験)に3回不合格となり、受験資格を失うこと。

中国、春秋時代の末、晋の三卿、すなわち魏斯 (ぎし) (文侯)・趙籍 (ちょうせき) (烈侯)・韓虔 (かんけん) (景侯)がそれぞれ建てた魏・趙・韓の三国。

時計の長針・短針・秒針。

[名](スル)野球で、走者が三塁へ進むこと。

沖縄県および奄美 (あまみ) 群島で用いる弦楽器。三味線を小ぶりにした形で、両面に蛇皮を張った木製の胴に棹 (さお) をつける。ふつう3本の絹糸の弦をわたし、角 (つの) 製の爪形の義甲を人差し指にはめて弾く。14世紀末に中国の三弦が伝わったものといわれ、のち日本本土に渡って三味線の母胎となった。蛇皮線 (じゃびせん) 。

きわめて親しいとされる三つの間柄。父子・夫婦・兄弟。

[名](スル)神前や貴人の前に進み出ること。「拝殿に参進する」