三人の人。また、三人の子。
中国で、道家を代表する老子列子荘子の称。

道教で、人の体内にすんでいるという3匹の虫。庚申 (こうしん) にあたる夜、人の眠っているすきに体内から抜け出て、その人の罪悪を天帝に告げ知らせるという。三尸虫。→庚申待

中国古代の三つの史書。史記漢書 (かんじょ) 後漢書をいう。後漢書の代わりに東観漢記を当てることもある。

三元2」に同じ。

[名](スル)
  1. 三度考えること。何度も繰り返し考えること。熟慮。「三思して人事に当たる」「三思一言」

  1. 《「荀子」法行から》若い時には老後のことを、年をとったならば死後のことを、豊かな時には貧乏になった時のことを考えておくこと。

[名](スル)参上して仕えること。
  1. 蚕 (かいこ) の繭からとった糸。絹糸。生糸。

  1. 養蚕と製糸。

蚕卵紙」に同じ。

  1. 仕官せずに民間にある人。また、世俗を避けて自適の生活を送る人。

  1. 文人・墨客が雅号に添えて用いる語。「東海―」

律令制で、主計寮 (かずえりょう) 主税寮などに置かれ、租税の計算などをつかさどった役人。

ほめことば。賛辞。

出典:青空文庫