[動サ変][文]さん・ず[サ変]
  1. 上位者の所に「行く」また「来る」の意の謙譲語。参上する。まいる。うかがう。「門下生が急ぎ―・ずる」

  1. 一員として加わる。参加する。「商工組合に―・ずる」

  1. 参禅する。「夏行 (げぎょう) に―・ずる」

  1. (動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて)相手を敬って、その人に何かをしてあげる意を表す。

    1. 「珈琲を煎 (い) れて―・じましょうか」〈魯庵社会百面相

[動サ変][文]さん・ず[サ変]
  1. 散る。ちりぢりになって、なくなる。また、散らす。「聴衆が―・ずる」「春嵐が桜花を―・ずる」

  1. 不快な感情がなくなる。気が晴れる。また、気を晴らす。「怒りが―・ずる」「憂さを―・ずる」

  1. 終わる。「宴が―・ずる」

  1. 財産がなくなる。また、金を使う。散財する。「遺産が―・ずる」「財を―・ずる」

出典:青空文庫