1. 本人・子・孫の3代。さんぜ。

  1. 同じ地位・称号などを有する人の、3代目。また、同名の法王・皇帝などの3番目の人。「三世名人」「三世市川団十郎」「ナポレオン三世」

  1. 移民などの3代目の世代。「日系三世」

  1. 《「書経」甘誓から》天・地・人の、三つの正しい道。

  1. 《「礼記」哀公問から》君臣の義、父子の親、夫婦の別の三つが正しく守られていること。

  1. 中国古代の暦の上での3種の正月で、子・丑・寅をいう。夏 (か) では建寅の月(のちの陰暦の正月)、殷 (いん) では建丑の月(陰暦12月)、では建子の月(陰暦11月)を正月とした。

  1. 宗廟に供える3種のいけにえ。牛・羊・豕 (ぶた) 。三犠。

  1. 中国で俗に、鶏・魚・豕をいう。

《「論語」学而の「吾日に吾が身を三省す。人の為に謀りて忠ならざるか、朋友と交わりて信ならざるか、習わざるを伝えしかと」から》毎日三度反省すること。1日に何度も自分の言行をふりかえってみて、過失のないようにすること。さんしょう。

世界の三人の聖人。

釈迦孔子キリスト

老子孔子釈迦

古代中国の三人の聖人。

伏羲 (ふっき) 文王孔子

尭 (ぎょう) 舜 (しゅん) 禹 (う) 

文王武王周公

周公孔子

老子孔子顔回

古代ギリシャの三人の大思想家。ソクラテスプラトンアリストテレス
その道で最もすぐれた三人。

㋐書道で、空海菅原道真小野道風

㋑歌道で、衣通姫 (そとおりひめ) 柿本人麻呂山部赤人

㋒俳諧で、荒木田守武山崎宗鑑飯尾宗祇

中国北西部の省。太行山脈の西に位置し、万里の長城内モンゴル自治区と接する黄土山岳地帯。省都、太原。石炭・鉄鉱などの鉱物資源が豊富で製鉄業が盛ん。シャンシー。

人里離れた山中に住むこと。隠遁 (いんとん) すること。山居。

山の姿。山のようす。山容。

山の神。山の精霊。また、やまびこ。

「―木魅の出でて遊ぶを」〈紅葉金色夜叉

  1. 政治に参加すること。「参政権」

  1. 執政の次位にあって政治に参与する職。江戸幕府の若年寄、大名の用人 (ようにん) など。

[名](スル)細胞で物質が合成・生成されること。「抗体が産生される」

産児制限」の略。

世俗を捨て仏門に入った人を敬っていう語。特に、布袋 (ほてい) 和尚をさす場合がある。

酸としての性質を示すこと。金属酸化物と反応して塩と水をつくる性質を示すこと。水溶液中では水素イオン指数pHが7より小さいときをいう。青色リトマスを赤変させる。⇔アルカリ性塩基性

[名](スル)
  1. 人の意見や行動をよいと認めて、それに同意すること。「原案に賛成する」⇔反対

  1. 助力すること。賛助。

    1. 「造化の功用を補弼し、万物の化育を―する」〈福地桜痴・会社弁〉

出典:青空文庫