1. 江戸時代、実生活に有用とされた3種の草。藍 (あい) 紅花、または麻・藍・木棉 (きわた) をいう。

  1. 古今伝授の中で解釈上の秘伝とされた3種の草花の名。「川菜草 (かわなぐさ) 」「呉 (くれ) の母 (おも) 」「蓍 (めど) に削り花」。または「呉の母」の代わりに「下がり苔 (ごけ) 」をあげることもある。

山の姿。山の形状・地質・気象など。

山に生えている草。

《古くは「さんぞう」》

  1. 山中に構えた別荘。

  1. 山中にある旅館などの名に添えて用いる語。「志賀山荘」

神道で、死者を山に葬ること。

《「さんぞう」とも》

[名]
  1. 山寺の僧。

  1. 山門の僧。比叡山延暦寺の僧をいう。

[代]僧が自分をへりくだっていう語。愚僧。

サネブトナツメの別名。