1. 三つの段・段階。また、第3の段・段階。

  1. 歌舞伎の大道具の一。高足の二重舞台に設置する三段の階段。これに赤毛氈 (もうせん) をかけ、幕切れに舞台前に押し出し、役者がこの上で見得を切るのに用いる。

  1. 三つの祭壇。

  1. 密教で、中央と左右に分けた壇。

発射すると、薬莢 (やっきょう) に込められた多数の細かい鉛のたまが銃口から散らばって出るように作られた銃弾。ばらだま。

[名](スル)
  1. 苦心してよい方法や手段を考え出すこと。「居候を追い出す算段をする」

  1. あれこれと工夫して、金銭の都合をつけること。工面 (くめん) 。「引っ越しの費用を算段する」「やりくり算段」

  1. 仏の功徳 (くどく) をほめたたえ、語ること。また、その話。

  1. 事の是非を論じ合うこと。批評すること。

    1. 「貴人、上方様の御比判にも、是をのみ御覧じはやされて、非をば御―もなかりしなり」〈至花道

  1. 世間でうわさすること。評判。

    1. 「今世上の―少事さめて、さびしき時分なり」〈戴恩記