《「論語」季氏から》道を知るのに三つの段階があること。生まれながらにして知る生知、学んでのち知る学知、苦しんでのち知る困知の三。

仏語。3種類の智慧 (ちえ) 。智度論では、声聞 (しょうもん) ・縁覚 (えんがく) の智である一切智、菩薩 (ぼさつ) の智である道種智、仏の智である一切種智。楞伽 (りょうが) 経では、凡夫外道の智である世間智、声聞・縁覚の智である出世間智、仏・菩薩の智である出世間上上智。

  1. 昔、酒宴に遅れた者に科した罰杯。三段階に分かれ、杯が5回まわった後なら3杯、7回なら5杯、10回以上なら7杯の酒を飲ませるというもの。

  1. 酒または酒宴。

    1. 「―に先だちてその花を吹けば」〈本朝文粋・一一〉

  1. 山の多い地。周囲一帯が山である地域。

  1. 山が集まり連なり、大きな起伏をなしている地域。丘陵台地に比べて規模が大きい。

[名](スル)あることに参加して知ること。また、関係をもつこと。「政事に参知する」
  1. ある物品を産出する土地。生産地。「織物の産地」「産地直送」

  1. 俗に、人の出生地。

(フランス)centimètreの略》センチメートル。主に大砲の口径寸法に用いる。

[補説]「糎」「珊」とも書く。

出典:青空文庫