1. 一文銭3枚の値。

  1. 値段のきわめて安いこと。「三文の値うちもない」「二束三文」

  1. 他の語の上に付いて、安い、価値のない、粗悪な、などの意を表す。

  1. 中央に大きな門を、左右に小さな門を配した門。

  1. 禅宗伽藍 (がらん) の正門。古代寺院の中門に相当する。一般に二階造りの楼門で、楼上に釈迦・十六羅漢などを安置する。本堂を涅槃 (ねはん) に擬し、そこに到達するために通る空・無相・無願の三解脱門に擬する。のちには智慧・慈悲・方便の三つに擬していう。

  1. 経典注釈に用いる三つの視点。未意・釈名・本文解釈の三つ。

  1. 教・律・禅の称。

三度質問すること。また、三度訪問すること。

寺院の正門。三門。また、寺院。もと山に建てられたところからいう。
比叡山延暦寺の異称。

歌舞伎狂言。初世並木五瓶作。安永7年(1778)初演の「金門五山桐 (きんもんごさんのきり) 」(のち「楼門 (さんもん) 五三桐」と改称)の2幕目返し、南禅寺山門の場が独立して上演される場合の通称。

出典:青空文庫