1. 五十音図サ行の第1音。歯茎の無声摩擦子音[s]と母音[a]とからなる音節。[sa]

  1. 平仮名「さ」は「左」の草体から。片仮名「サ」は「散」の初3画。

[補説]「さ」は古く[tsa](あるいは[ʃa][tʃa])であったかともいわれる。室町時代末にはすでに[sa]であった。
  1. ひだり。ひだりの方。

  1. 縦書きの文書で、左の方すなわち次に書いた事柄・文句。「結果は左のとおり」

矢 (や) の古称。

「荒し男のいを―手挟み向かひ立ち」〈・四四三〇〉

すこしばかり。いささか。

「その主観には―の詐りをも感じられなかったとは言え」〈里見弴・安城家の兄弟〉

  1. 物事と物事の間の性質・状態・程度などの違い。へだたり。「大きな差をつける」「大した差はない」「世代間の差を感じる」

  1. ある数や式から他の数や式を引いて得られた結果の数や式。「一点の差で敗れる」⇔

杼 (ひ) 」に同じ。

[代]三人称の人代名詞。それ。そいつ。
  • 「―が髪を取りてかなぐり落さむ」〈竹取
[補説]副詞「」、代名詞「」と同語源といわれる。
[副]すでにある事物・状態などをうけて、それを指示する語。そのように。そう。
  • 「これのみは余りに深く我心に彫りつけられたれば―はあらじと思えど」〈鴎外舞姫
「おまへたちも、必ず―思 (おぼ) すゆゑ侍らむかし」〈更級

[感]

  1. 人を誘ったり、行動を促したりするときに発する語。さあ。「さ、やろう」「さ、どうしてくれる」

  1. 判断や決断に迷ったり、せっぱつまったりしたときに発する語。さて。「さ、どうしようか」「さ、これは困った」

  1. 相手の言葉をおさえて、こちらが話そうとするときの語。「『この間お願いした件ですが』『さ、そのことだが…』」

[終助]種々の語に付く。
  1. 自分の判断や主張を確認しながら念を押す意を表す。「ぼくにだってできるさ」

    1. 「お歴々にも負けることはおりない―」〈浄・鑓の権三

  1. 傍観的な、多少投げやりな調子で、あっさりと言い放す気持ちを表す。「好きなようにやればいいのさ」「そう心配することはないさ」

  1. 疑問語とともに用いて、質問・反駁 (はんばく) ・難詰の意を表す。「行くって、どこへ行くのさ」「男のくせに何さ」「どうして黙っているのさ」

  1. (多く「とさ」「ってさ」の形で)他人の話を説明したり、紹介したりする気持ちを表す。「昔々、竹取の翁 (おきな) という老人がいたとさ」「彼も行くんですってさ」

[間助]文中の種々の語に付いて、口調を整えながら、相手の注意を引き留めようとする気持ちを表す。「でもさ、ぼくはさ、わかってるんだ」「それがさ、どうもおかしいんだ」
    1. 「何がなくとも―、お久しぶりといふ句が有がたうごぜえます」〈滑・浮世風呂・四〉

[格助]《方向の意を表す接尾語「さま」の音変化》名詞に付く。方向を表す。格助詞「へ」、または「に」に同じ。
    1. 「追分 (おひわけ) の松屋―いかっしゃりました」〈洒・軽井茶話〉

[補説]は、近世初期、男性、ことに武士に多く用いられたが、後期には広く用いられるようになった。現在では男女ともに打ち解けた会話で多用する。なお、昭和30年代に鎌倉の腰越小学校で語尾の「ネ・サ・ヨ」を使わない運動が始まり、一時全国に広がった。は中世ごろから東国方言として知られていたが、現在でも東北地方などで用いられる。

[接頭]

  1. 名詞・動詞・形容詞に付いて、語調を整える。「さ霧」「さ迷う」「さまねし」

  1. 名詞に付いて、時期的に早く若々しい、また、5月の、という意を表す。「早」などの漢字が当てられることがある。「さ乙女」「さ苗」「さみだれ」

[接尾]

  1. 形容詞・形容動詞の語幹、一部の助動詞の語幹に準じるものに付いて名詞をつくり、…の状態であること、…の程度であること、…の性質であることの意を表す。「つらさ」「美しさ」「静かさ」「会いたさ」

    1. ㋐移動に関する動詞の終止形に付いて、…する時、…する折、…する場合などの意を表す。「帰るさ」

      「白菅の真野の榛原行く―来―君こそ見らめ真野の榛原」〈・二八一〉

    2. ㋑方向を表す名詞に付いて、…の方という意を表す。

      「縦 (たた) ―にもかにも横―も奴とそ我はありける主の殿戸に」〈・四一三二〉

    3. ㋒形容詞・形容動詞の語幹などに付いて、…なこと、…なことよという意を表す。

      「ももしきの大宮人の罷 (まか) り出て遊ぶ今夜 (こよひ) の月のさやけ―」〈・一〇七六〉

[語素]名詞に付いて接頭語的に用いられ、その物の幅が狭いという意を表す。「―物」「―織り」

さい

さく

ちゃ

しゃ