• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動サ特活]《近世後期、江戸の遊里語》
  1. ある」の意の丁寧語。ございます。あります。

    1. 「ちょっと話が―・すから、どうぞ来ておくんなんし」〈洒・契情買言告鳥〉

  1. (補助動詞)補助動詞「ある」の意の丁寧語。…でございます。

    1. 「わけのある客人で―・すから」〈洒・曽我糠袋〉

[補説]活用は助動詞「ざんす」に同じ。
[助動][ざんせ|ざんし|ざんす|ざんす|ざんすれ|○]体言および体言に準ずる語に付く。「だ」「である」の意の丁寧語。…でございます。…です。
  • 「(牛肉ヲ)生 (なま) でたべるのざんすから」〈魯文安愚楽鍋
[補説]洒落本「傾城觽 (けいせいけい) 」松丁玉扇四家言語解・丁子屋言に「何ざんすか。なんでござんすかといふ事也。での字とごの字を略していふ」とあるように、江戸吉原の丁子屋から広まったという。現代でも、上品ぶった女性の表現に用いられることがある。