紫色の袈裟 (けさ) および法衣の総称。古くは勅許によって着用した。紫甲。しい。

(梵)catvāry apāśrayaṇāniの訳》

  1. 比丘 (びく) がよりどころとすべき法を四つに分けたもの。依法不依人・依義不依語・依智不依識・依了義経不依不了義経。

  1. 修行の際によるべき4種の行法。糞掃衣 (ふんぞうえ) を着、乞食 (こつじき) をし、樹下に座り、腐爛 (ふらん) 薬を用いること。

  1. 衆生 (しゅじょう) がよりどころとする4種の人。小乗では、出世の凡夫 (ぼんぶ) 、預流 (よる) と一来 (いちらい) の人、不還 (ふげん) の人、阿羅漢の人。大乗では、地前を初依、初地より五地までを二依、六・七地を三依、八・九・十地を四依とするほか、諸説がある。

  1. 墨染めのころも。しい。

  1. 僧侶。